基本的なクレジットカードの作り方

クレジットカードを作るには、郵送とインターネットの2つの方法があります。郵送の場合は、申込み用紙を取り寄せるところから始まります。店頭に置いてある場合や、店頭で申込みを受け付けている場合もあります。そして氏名・住所・電話番号などの個人情報と、勤務先の情報と口座番号を記入します。この際に押印も必要になりますが、金融機関の届け出印が必要になります。欲しいカードや支払いコースを選択すると、あとは運転免許証などの身分証明書をコピーを同封して郵送します。封筒は申込み用紙自体が兼ねていたり、一緒に同封されていますので別途必要はありません。なおキャッシング機能を希望する場合には、直近の指定月分の給与明細のコピーも必要になります。カードが届くまでは混雑具合にもよりますが、申込み方法を問わず10日前後が一般的です。ただしカードによっては自動契約機や店頭で即日受け取りが可能な場合もあります。インターネットでの申込みの場合は、公式サイトの申込みページに必要事項を入力していくのですが、証明書類はファイル化してアップロードします。そのカードと提携している口座を持っている場合には、届け出印の押印なしで口座設定することが出来ます。おすすめのクレジットカードをまとめたサイト:クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!などを参考に自分に合ったクレジットカードを吟味して、申込みを行う事が早い方法です。