お姉さんのお陰で「このカードで良かった」と思えました。

私は、給与振込とクレジット決済の口座を分けています。利用額を把握する為の措置なのですが、ある時、資金を決済口座に移すのを忘れて旅行に出てしまったのです。しかも手元には決済口座のクレジット一体型キャッシュカードしか無かったので大変!大慌てでカード会社に電話してみたのですが『支払い額(回数)の変更は受付終了』との回答。それは知ってるの…他のサービスや機能を併用するなど延滞を回避できる方法がないか聞いてるのよ。しかしオペレーターさんはモゴモゴ言って保留を重ねながら『数日のカード停止』『遅延損害金は何日分』しか案内してくれません。悪いのは私なのでキレたりはしませんが『この人じゃダメだ』と判断し、電話をかけ直してみました。今度の担当さんは落ち着いた印象の方でしたので、現状と先の電話内容を告げ「何か方法ありませんか?というよりこの状況お姉さんだったらどうします?」と聞いてみると、お姉さんは若干声をひそめて「キャッシングして口座に入れます」と教えてくれたのです。そうだキャッシング!そういうのを知りたかったのよ、お姉さんありがとう!きっと積極案内するような内容では無いというのは彼女の様子で察しがつきましたが、優しさ?プロ意識?とにかく彼女は私の悩みを瞬時に解決してくれたのです…カッコイイ。彼女が教えてくれた方法で借入利用分も最小限の金利負担で早期返済できました。繊細なお金のコトを質問・相談出来る第三者って頼もしいものですね。こういう点でもカード会社選びって重要だと思います。

クレジットカードのポイント交換

クレジットカードを日常的に使用しているとある程度ポイントが貯まってくるかと思います。還元率の高いクレジットカードならばかなりのポイントを稼ぐことができているでしょう。そんなクレジットカードのポイント利用法はと言うと、提携しているショップのポイントに移行して使用する、カードの年会費に充てるというのが多くの場合かと思います。それ以外にもカード会社によっては商品や金券、旅行券などと交換できる場合もあるようですね。ポイントをお得に利用するならばショップでの利用や金券への交換が良いようですが、利益を度外視して普段購入しないような商品と交換するというのもまた楽しいものです。中には限定品などもありますし、あまり深く考える必要は無いのかもしれませんね。

クレジットカードの付帯サービスについて

クレジットカードを利用しているけれど、こちらのクレジットカードには、海外旅行保険が付帯されていますので、とても便利に感じています。私は海外旅行が趣味なのですが、海外旅行に行く際には、保険に入らなくてはいけないため、このあたりがネックでした。わざわざ保険料を支払ったけれど、結局何もなかった場合には、とても損をしてしまったような気持ちになります。しかし、クレジットカードに海外旅行保険が付帯されていると、わざわざ保険に加入する必要がありませんし、何かあったときにのお守り代わりになります。支払われる保険金は少なめですが、無料で加入できるというのはとてもお得ですし、海外旅行が趣味の人にはとても便利なサービスだと思います。

お洋服好きには必須のエポスカード

OL時代に作ってから今も重宝しているのは、マルイのエポスカードです。1年に4回くらいある会員限定セールにおいて、10%オフでお買い物ができることを知り、節約のために作りました。マルイでのお買い物金額って結構かさむので、10%オフは大きいです。それに伴ってポイントもたくさん貯めることができます。その集めたポイントによってまたマルイでお買い物が出来るので、季節ごとに流行のお洋服を買う私には嬉しいです。頻繁にお買い物しない人でも、エポスのポイントは4年間有効なので確実に活用できると思います。また年会費無料なのに特典を受けられる店舗の種類が多い点も素晴らしいです。カラオケ館の室料が常に30%オフで利用できるのが気に入ってよく仕事帰りにはカラオケ館に通っていました。

支払いは基本的にカードで

30代の主婦です。普段からクレジットカードを使用しております。メリットは支払いがあるたびにポイントが付くことです。何枚も分けて使用するとポイントが分散してしまうので、すべての買い物を一枚のカードに集約しています。日常の買い物だけではなく、自動的に引き落としされる公共料金もクレジットカードにしています。毎月ある程度の金額になるのでポイントがたまりやすいです。また、外食時もカードを使用します。主人が会社の食事会で支払いをするときも使用しているので、大人数での食事会だとかなりのポイントがたまります。私が使用しているのは、ポイントがたまるとインターネットでの買い物に使用できるタイプのカードです。インターネットで日用品を購入できるので、重たい物の購入の際に玄関まで運んでくれるのでとても便利です。

クレジットカードのキャッシングについて

クレジットカードのキャッシングを利用している人は多いと思います。キャッシングは、ATMなどでも気軽に行うことができ、とても便利なサービスですよね。しかしクレジットカードのキャッシングを行うに当たってはそれなりの注意点があります。一般的に使われるクレジットカードのショッピング枠は、一括返済によって手数料・利息などが無料になる場合が多いです。しかしキャッシング枠ではその逆で、利息はきっちり請求されるケースが少なくなりません。だいたい利率は15~20%で決して少なくありません。なので、キャッシングを利用する際は、きっちりとした返済計画を立てて行う必要があるでしょう。もし返済が滞りそうであれば、放置するのではなく、なるべくカード会社に連絡を取りましょう。会社によっては、返済日を遅らせてくれるケースがあります。キャッシングの特性を知って、便利かつ安全に使いたいものですね。

クレジットカードの安全性

現在はクレジットカードの年会費が無料だったり、利息なしでショッピングを楽しめることからも、クレジットカードを気軽に利用する方も多いものです。ただ、それでもやはりクレジットカードの利用には不安がつきもので、カードを不正利用されたり、情報を盗み見られたりする可能性は否定できません。クレジットカードの利用で多く使われるネットショッピングも安全性が必ずしも確保されてはいないと思います。便利な反面リスクも多いクレジットカードですが、クレジットカードによっては補償制度があったり、保険に入っているものもあるので、もし犯罪に巻き込まれた時には速やかにカード会社に連絡して対応してもらえば、被害に対する補償をしてくれるそうです。でもやはり、日頃からの備えと正しくクレジットカードを使用することが大切なので、気を付けて自己防衛していきたいですね。

固定費をクレジットカード払いでお得に

光熱費や携帯代の固定費は、クレジットカードを上手に使って支払うとお得です。どのクレジットカードで払うか、ポイント還元率と特典から決めるようにします。いくらの支払いにつきどのくらいのポイントがつくか1番気になるところなのでなかなか見落とさないのですが、実は固定費をクレジットカードで支払うと特典がつくカードがあります。ポイントが倍になったりとか、固定費支払いの数だけポイントがもらえたり!一見、ポイント還元率だけを見るとお得そうに見えてもこういった特典をあわせるともう一方の方がお得だったりします。この2つを考慮して、手持ちのカードから選ぶの良いですが、固定費支払いように新しく作るのもオススメです。クレジットカードなら忙しくても、払い忘れは防げるし、ポイントも貯まるし一石二鳥です!

有料のオンライン麻雀ゲームでクレジットカード払い

 無料でできるオンライン麻雀ゲームもありますが、本格的にサービスを利用したいならやはり有料です。そして、その支払いはクレジットカード払いに頼ることが多いです。オンライン麻雀ゲームの有料サービスに対する支払いはクレジットカード払いだけではなく、ケータイ払いやウェブマネーなどでもできます。ですが、それらよりずっと楽に決済できるのがクレジットカード払いです。 これならば一度登録しておくことで楽に決済ができますので、支払いに関する手続きの手間は最初だけしかかからないです。オンライン麻雀ゲームは麻雀に飽きない限りずっとやり続けることになるでしょうから、それならば便利な支払サービスを利用したほうが良く、クレジットカード払いは最適です。

基本的なクレジットカードの作り方

クレジットカードを作るには、郵送とインターネットの2つの方法があります。郵送の場合は、申込み用紙を取り寄せるところから始まります。店頭に置いてある場合や、店頭で申込みを受け付けている場合もあります。そして氏名・住所・電話番号などの個人情報と、勤務先の情報と口座番号を記入します。この際に押印も必要になりますが、金融機関の届け出印が必要になります。欲しいカードや支払いコースを選択すると、あとは運転免許証などの身分証明書をコピーを同封して郵送します。封筒は申込み用紙自体が兼ねていたり、一緒に同封されていますので別途必要はありません。なおキャッシング機能を希望する場合には、直近の指定月分の給与明細のコピーも必要になります。カードが届くまでは混雑具合にもよりますが、申込み方法を問わず10日前後が一般的です。ただしカードによっては自動契約機や店頭で即日受け取りが可能な場合もあります。インターネットでの申込みの場合は、公式サイトの申込みページに必要事項を入力していくのですが、証明書類はファイル化してアップロードします。そのカードと提携している口座を持っている場合には、届け出印の押印なしで口座設定することが出来ます。おすすめのクレジットカードをまとめたサイト:クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!などを参考に自分に合ったクレジットカードを吟味して、申込みを行う事が早い方法です。